Top Page › 胃拡張 › 「胃拡張」で、夜間救急病院へ

2019 · 03 · 06 (Wed) 18:50

「胃拡張」で、夜間救急病院へ

月曜日の夜

お腹が
パンパンに張っていた
ゆらちゃん


食欲もあり
嘔吐・グッタリ感もないけれど

「胃拡張」かも知れないと
胃拡張1-1
名古屋市中区大須にある
夜間動物緊急診療所
走りました
*******************


診察して頂いた結果
やはり
「胃拡張」でしたが
胃拡張2
重度ではなくホッ

悪化を防ぐために
ガス抜き+点滴(投薬含む)して
帰宅しました

*******************

こちらの病院では
「穿刺でのガス抜き」
処置だった為
胃拡張3
おハゲに
なってしまいましたが


お腹が張る事もなく
食欲も排泄も
いつもと同じです^^
胃拡張4
シニアのダックスちゃんは
胃拡張を発症する子が
結構いるそうです

注意深く見ていこうと思います



***** 小梅の独り言 *****

夜中に高速道路を走ったのは
初めてだったので、緊張しました
(暗いと、見え辛いですしね)

でも、可愛い娘の為と思うと
頑張れるものですね


********************
<診療明細>
夜間診察料
エコー、レントゲン(2枚)
皮下注射(ファモチジン)
皮下補液(乳酸リンゲル液 100ml)
腹部穿刺
   合計:23,220


スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-03-06

Comments







非公開コメント

お大事にして下さい。

こんばんは。
ゆらちゃん、胃拡張になってしまったのですね。
重度ではなくて安心しました。
確か、うちのマロンも胃拡張になったことありました。

可愛い、我が子の為なら、高速でも、なんでも行きますよね。

ブログを拝見していると、マロンちゃんとゆらちゃんが姉妹のように感じます。

マロンちゃんも、きっと喜んでいると思います。

うちのマロンも、マロンちゃんと一緒に、ゆらちゃんのことを見守っていると思います。

本当に犬って、可愛いですよね💕
2019-03-06-23:11
マロンママ [ 返信 * 編集 ]

よく気がつきましたね!!
私なら気付かないかもー。
マロンちゃんで経験あったの?
酷くなくてよかったね。
2019-03-07-10:00
くーちゃん [ 返信 * 編集 ]

大事に至らなくて良かった◎
そんなに膨らんでいたんですか??
私は果たして気づいてあげられるだろうか…
うちも気にしてみてあげようと思います!
2019-03-07-12:10
どんまま [ 返信 * 編集 ]

大事にならなくてよかった~!!
私なら気づいてあげれただろうか???
とはいえ夜間救急がないこちら地方・・・・
片っ端から電話してみるしかないかな
それでだめなら数時間かけてでもお隣の広島へ走るか・・・

日頃からしっかり様子を観る
これが大事なんだなぁって改めて思いました。
2019-03-07-21:14
姫のおかん [ 返信 * 編集 ]

こんにちは^^
ゆらちゃん大丈夫ですか?
重症じゃなかっただけよかったです
うちもそろそろシニア期になってきたから
胃拡張とかは気をつけてあげないといけないですね。。。
2019-03-08-00:27
LemoNed [ 返信 * 編集 ]

小梅 

こんばんは。

普段と変わらない生活を送っていたし、
元気あったのですが、
翌日まで様子を見ていて、急変したら…と不安で。

幸い重度ではなく、それ以降は
お腹の張もなく落ち着いているので、
再発なく過ごせれば良いなと思います。

私も、マロンとゆらが姉妹のように
感じる事あるんですよ^^
最近は、性格までマロンと似ている?と
思う行動が増えています。


2019-03-08-20:15
マロンママさんへ [ 返信 * 編集 ]

小梅 

おかげさまで、大事なく処置して頂けました。

ゆらは、もともと痩せ気味なので、
いつもと違う…?と気付いたというのもありますが、
胃拡張になったワンコちゃん達のお話を読み、
様子見しないで、病院へ行こう!と思えました。

マロンは、食べてすぐ動いちゃう事があっても、
一度も、胃拡張になった事がないんですよ。
体質の違いなんでしょうね。
2019-03-08-20:20
くーちゃんさんへ [ 返信 * 編集 ]

小梅 

重症になる前に病院へ行けて、本当に良かったです。

触ると、くびれが全くなくて、
風船がパンパンに膨らんだような感じなんです。
普段、食べ過ぎる事がないので、やっぱり変だよね。。。と。

食後すぐの運動などが原因だけでなく、
シニアになると発症する子が、結構いるそうです。
でも、マロンみたいに一度も発症しない子もいるので、
体質によるんでしょうね。
2019-03-08-20:32
どんままさんへ [ 返信 * 編集 ]

小梅 

胃拡張を発症する時は、
嘔吐や嘔気、食欲や元気がない等の
症状が見られるとあるのですが、

一見何でもなさそうな表情でも
要注意なんだなと勉強になりました。

愛知県には、
夜間も診察可能な病院が、何軒かあるのですが、
飛び込み患者は診て頂けないので、
夜間救急は本当に助かりました。

たくさんのワンちゃん達が居るのに、
休日や夜間に診て貰える病院は増えないのは、
本当に不安で困りますよね。
2019-03-08-21:05
姫のおかんさんへ [ 返信 * 編集 ]

小梅 

抱っこで、お腹の張りに気が付きました。

辛そうな表情も、胃拡張の症状もなかったので、
もし、抱っこしてなければ、
気付かず大変なことになっていたかも知れません。

私も、運転はあまり好きではないのですが、
「何とかしなくちゃ!」と頑張れました。

誰もが、どこへでも運転できるわけではないので、
最寄りの病院が連携して、持ち回りで
夜間診て下さったらどんなに良いか…と思います。
2019-03-08-21:15
鍵コメさんへ [ 返信 * 編集 ]

小梅 

おかげさまで、お腹の張りもなく落ち着いています^^

小型犬の子は、胃捻転まで進行することは
ほとんどないそうですが、ぞれでもゼロではないので、
早めに処置して頂いて良かったと思います。

若い子でも突然の体調不良はありますが、
シニアになると、頻度が増えたり、症状が重いことも多いので、
注意して見ていないと…と改めて思いました。

2019-03-08-21:23
LemoNedさんへ [ 返信 * 編集 ]